練習のおこない方について

Posted on

勉強をしました。楽しく練習したり、効率よく技能を高めるには練習のおこない方を工夫する必要があります。補助具を活用する目的には、「課題をやさしくする」「練習のめあてをはっきりさせる」「運動結果のフィードバックを得る」「正しい動作を引きだす」「安全・安心を確保する」などがあります。

目的におうじて有効な補助具や補助を活用することが大切です。器械運動のように、難しい運動や安全面で不安を感じるような運動の場合には、やさしいステップから少し難しいステップへと段階的に練習すると有効です。

課題とする技能を高める簡易ゲーム(タスクゲーム)をおこなうと、楽しくて効果的です。たとえば、バスケットボールでノーマークの味方をみつけてパスしたりシュートしたりすることを課題にするなら2対1のタスクゲームがあります。

運動技能を高めるには、その基礎となる体力を高める必要があります。できるだけ実際の運動に近い形で補強運動をおこなうと効果的です。イビサクリームの口コミと効果【VIO脱毛後の黒ずみに有効?】